省エネ基礎知識.1

省エネ化への基礎知識.1
1.まずは、省エネを実現するために、
どこでどんなエネルギーが使われているのかしりましょう

\エネルギーを消費する設備の種類/

施設のユーティリティは主にこの3設備でエネルギーを消費


・空調機の種類   ▶︎click
・給湯機の種類   ▶︎click
・照明の種類と特徴 ▶︎click

2.次に、空調や給湯の熱源方式を知りましょう。

\セントラル方式と個別方式/

熱源方式 空調 給湯 特徴
セントラル方式 大規模なビル等で採用されている。
管理会社等で建物全体の管理できる。
建物全体に空調/給湯が行き届いている。
個別方式と併用される場合もある。
個別方式 中小規模のビル等で採用されている。
業務時間の都合や使用する部屋だけなど
利用者側で制御ができるので無駄が少ない。
冷房と暖房が同時に利用できる。

このように熱源方式は大きくわけて2つの方式があります



3.空調機の種類と特徴:自社で使用している空調機の種類を知りましょう

 

\空調機の種類は大きく分けて3つ/

空調機の種類① 特徴
ヒートポンプチラー
又は
ガスヒートポンプチラー

ファンコイル・エアハン
ヒートポンプチラー又はガスヒートポンプチラーを熱源とし冷温水を全館に循環。
屋内で個別にファンコイルやエアハンで空調。
(セントラル空調方式) (都市ガス LPガス)


空調機の種類② 特徴
吸収式冷凍機

ファンコイル・エアハン
吸収式冷凍機を熱源とし冷温水を全館に循環。屋内で個別
ファンコイルやエアハンで空調。
(セントラル空調方式)(都市ガス LPガス A重油等)

空調機の種類③ 特徴
ボイラー&チラー

ファンコイル・エアハン
夏はチラー、冬はボイラーを熱源とし冷温水を全館に循
環。個別ファンコイルやエアハンで空調。
(セントラル空調)(チラー:電気 ボイラ:都市ガス LPガス A重油等)



4.給湯設備について:自社で使用している給湯機の種類を知りましょう

\給湯機の種類は大きく分けて4つ/

給湯機の種類① 特徴
給湯ヒートポンプ
エコキュート
給湯でエネルギー効率は最も高い 保温には不向き
短時間に大量の給湯が出来ない 大きな貯湯槽が必要
(セントラル給湯方式 個別給湯 電気)

給湯機の種類② 特徴
昇温・加温
ヒートポンプ
浴槽の昇温や配管の保温で最も効率が良い
給湯を行うにはシステムが複雑で過大となる
(セントラル給湯方式 電気)

給湯機の種類③ 特徴
電気温水器 手洗い用の小型は使い勝手が良い 個別給湯
電気料金が高額となり大型の場合は不向き
(個別給湯方式 電気)
ガス給湯器 小規模な浴槽やキッチンで多用 個別給湯
初期費用が安く、費用対効果が高い
(個別給湯方式 都市ガス LPガス)

給湯機の種類④ 特徴
ボイラー

温水ヒーター
簡単な設備で一度に大量の給湯が可能
経年劣化が激しく効率が悪い
(セントラル給湯方式 都市ガス LPガス A重油等)


5.照明設備:自社で使用している照明器具の種類をしりましょう

\照明の種類と特徴/

照明の種類 特徴
LED 配光特性が豊富 照度あたりの消費電力が少ない
耐用年数が長い 近年照度性能も大幅UP
機器はまだ高価
蛍光灯 発光効率が高い
継続点灯の時、消費電力がLEDに近い物もある
安定器が必要 ON-OFFが頻繁な場合は消費電力が多い
白熱灯
ハロゲンランプ
安定器を必要とせず、構造が簡単
非常に安価
消費電力量や発熱量が多い
水銀灯 高天井や大空間での利用が多い
消費電力はかなり多い
安定器が必要で、ON-OFFを頻繁に出来ない


以上がエネルギーの種類でした。
上記を踏まえ、続きは削減可能な省エネルギー方法についてお話しさせていただきます。
つづきはこちら ▶︎click

2018/11/21