提供サービス

主なご提案サービス内容
省エネルギー診断

簡単な調査で光熱費の可能性が診断できます。
詳細はコチラclick▼

エネルギーマネジメントコンサルティング

電気、ガス、熱などのエネルギーの見える化や設備の最適運用などをコンサルティングします。

施設施工を伴わない場合もご気軽にご相談ください!
新規施工だけでなく、既設システムに対してのコンサルティングも致します。



こういったお悩みもご相談ください!

設備工事店様向け
ヒートポンプシステム設計のご提案

給湯設備のシステム設計はお任せください。

エコキュートを含む電気式給湯ヒートポンプ及び加温ヒートポンプ、冷凍チラーを利用した熱源システムの設計・制御・運転調整を含む熱源設備全般のカスタマイズ化を最も得意としております。


一過式加温と循環加温

給湯・保温関係のヒートポンプは、主に二種類あります。ボイラーの場合、給湯系統と保温系統は分かれていますが、循環加温という一つの加温システムしかありません。ガス給湯器は一過式と循環加温式の二つがあり、ヒートポンプもこの2種類が存在します。

一過式加温
入口温度に関わらず出湯量を調整する事によって出口温度を目的の温度まで加温するシステムです。この方式では給湯温度60℃の場合、15℃の水をヒートポンプで60℃まで沸き上げる事が可能です。エコキュートもこれに含まれます。ただし、エコキュートの場合は、入り口温度が40℃以下でないと運転出来ない機種も有り、運転できる機種でも効率が極端に悪くなります。

循環加温
循環加温式:入口温度+α=出口温度となり、ヒートポンプ入口から入った湯を一定温度加温して出口から出します。つまり温度差5℃の加温の場合、ヒートポンプ入口が35℃ならば出口40℃、入口40℃の場合は出口45℃と入口温度によって出口温度も変わります。

一過式はシャワー等給湯で利用するのが最も経済的で効率が良い方式です。
循環加温は、浴槽や配管の保温に利用するのが最も効率的です。

冷凍サイクル
ヒートポンプチラーについてclick▼
冷媒の 圧縮→凝縮→膨張→蒸発 を繰り返す事により熱を効率よく取り出す冷却するサイクルの事を意味します。
この冷凍サイクルを利用することにより、1の消費電力に対して2~8倍の熱量を取り出す事が出来ます。


また、ヒートポンプは冬期と夏期では能力と消費電力が大きく変化します。
また、カスケード熱交を介して高圧側と低圧側の2つの冷凍サイクルを持つ2段機のヒートポンプの場合も利用状況に制限があります。冷凍サイクルが1つしかない単段機の場合、65℃~70℃の循環加温では、効率が悪くなります。

二段機のしくみ

このように、ヒートポンプのシステム設計は、加温方式やメーカーによる機器の特長、冬期・夏期の仕様の差なども考慮してシステム設計を行う必要があり、ボイラーでの給湯設計を普段行っている設備設計者では対応が難しいのが現状です。当社ではヒートポンプの基本的な使用方法に加え、これまで蓄積してきたノウハウにより、省エネルギー性能やコスト削減が大きくなるよう給湯・加温システムの設計を行っております。

ヒートポンプチラー

ヒートポンプチラーは冷凍サイクルを利用した熱源です。
冷凍サイクルについてclick▼


セントラル空調方式における熱源として、ヒートポンプチラーは省エネ性能に優れた機器であり、油炊き、ガス炊きボイラーや冷温水発生器からの入替えは、大きなランニングコストの削減に繋がります。

ただ、導入の際ネックとなるのがヒートポンプチラーの電源容量の確保であり、これが設備償却年数の長期化の要因となりヒートポンプチラーの導入に二の足を踏む結果となる場合があります。

当社は、簡易省エネルギー診断を実施する事により、電気の使用状況を確認。ポンプやファンのインバーター化等動力の消費電力を削減する投資をご提案してからヒートポンプチラーのご提案を行うため、電源容量の増設を最小限に抑えます。


20年以上前のトランスであれば、現在のトップランナーに対応したトランスに入れ替える事により施設全体の消費電力が大きく削減可能であり、合わせてご提案いたします。

また、一般の冷暖房空調だけでは無く、クリーンルーム等温湿度管理が必要な工場空調にも対応可能です。

冷凍、冷蔵システム

5~15℃の中温から、-30℃まで幅広く対応しております。
これらの冷凍・冷蔵倉庫の負荷計算、機器選定、設計、施工までワンストップで対応いたします。
冷凍・冷蔵倉庫の場合、容積率が重要になってきます。容積率を上げる為には、できるだけ不要な物を取り除かなければなりません。
大容積の庫内の冷却器に、30m以上の吹出が可能な製品の設置実績があり、ダクトレスの施工により大幅に設置費用を削減します。

また、庫内どの場所でも温度が均一でないといけません。この為のご提案もさせて頂きます。

給湯、加温システム

一般給湯から工場のプロセスまで、幅広い加熱負荷に対してヒートポンプで対応!
一般給湯であれば、エコキュートや給湯ヒートポンプ、浴槽の保温には循環加温ヒートポンプ、80℃以上のプロセス加温であれば加温ヒートポンプの様に、用途に合わせて各メーカーのラインナップから最適な機器を選定致します。
(エコキュートと循環加温ヒートポンプを利用したシステム例)

負荷計算、省エネシミュレーション、設計、施工、メンテナンスまでワンストップで可能です。
また、簡易省エネルギー診断を実施する事により電気の使用を確認、受電設備の増設容量最小化を図る省電力投資を先行させます。

蓄熱、廃熱、太陽熱利用システム

安い夜間電力を利用してお湯を貯湯又は氷で蓄熱し、それを昼間のピークの電力使用を抑制するために利用できます。
工場の廃熱や浴槽の排水からの熱を利用してヒートポンプの効率を更に高めるシステムの構築を行っております。
例えば氷蓄熱システムでは、冷凍、冷蔵設備やショーケース等、通年冷却負荷が必要な設備に特化する事により、大きなデマンド抑制効果を発揮しています。
給湯や浴槽保温を利用する場合は、そのかけ流しの排湯を利用する事により、特に冬期のエコキュートやヒートポンプの効率の改善を行っています。また、不安定な太陽熱エネルギーをそのまま給湯に利用するか、ヒートポンプの熱源として利用するかを制御して効率良く利用します。

2018/11/18